Raspberry Pi 3 に Zabbix 3.2 をインストール

Raspberry Pi 3 に Zabbix 3.2 をインストールする手順を記載します。

Zabbixはサーバやネットワーク機器の死活監視やリソース監視を行い、グラフ化して可視化することができるオープンソースのソフトウェアです。
Zabbixはエージェントとサーバで構成されていて、RaspberryPiは「サーバ」をインストールして、監視対象の機器には「エージェント」をインストールします。サーバがエージェントからのデータを一定間隔でやり取りすることで死活監視やリソース監視ができるようになります。

動作環境

ハードウェア:Raspberry Pi 3
OS:RASPBIAN JESSIE LITE
Zabbixのバージョン:3.2

Raspberry Pi の事前準備

  • microSDは4GB以上で、Class10のものを用意してください。
  • OSをインストールしたら、raspi-configを実行して初期設定を済ませておいてください(タイムゾーン、SSH有効、空き領域拡張)。
  • IPアドレスはスタティックにし、インターネットに接続できるようにしてください。

Zabbixのインストール

rootに切り替え

sudo su

既存ソフトウェアのアップデート

apt-get update
apt-get upgrade

必要なパッケージをインストールします。

apt-get -y install make gcc libc6-dev libmysqlclient-dev libcurl4-openssl-dev libssh2-1-dev libsnmp-dev libiksemel-dev mysql-server libsqlite3-dev libopenipmi-dev fping php5-gd snmp libsnmp-base openjdk-7-jdk unixodbc unixodbc-dev libxml2 libxml2-dev snmp-mibs-downloader snmpd snmptt python-pywbem php5-ldap php5-mysql traceroute libldap2-dev apache2 php5 libapache2-mod-php5

インストール中、mysqlのrootパスワードを設定する画面が表示されます。「zabbix」と入力した後、エンターキーを押してください。

もう1度「zabbix」と入力した後、エンターキーを押してください。

ソースコードをダウンロード

cd /usr/src
wget https://sourceforge.net/projects/zabbix/files/ZABBIX%20Latest%20Stable/3.2.4/zabbix-3.2.4.tar.gz

ダウンロードしたファイルを解凍

tar xzf zabbix-3.2.4.tar.gz

configureスクリプトを実行

cd zabbix-3.2.4
./configure --enable-server --enable-agent --with-mysql --with-net-snmp --with-libcurl --with-openipmi --with-ssh2 --with-libxml2 --enable-ipv6 --with-unixodbc --with-openssl --enable-java --with-jabber --with-ldap

下記の画面が表示されたらmake installと入力

make install 

Mysql設定

ユーザーを作成

adduser --system --home /usr/local/sbin --no-create-home zabbix

データベースを作成

mysql -uroot -pzabbix
create database zabbix;
grant all on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
quit

初期データを作成

mysql -u zabbix --password=zabbix zabbix </usr/src/zabbix-3.2.4/database/mysql/schema.sql
mysql -u zabbix --password=zabbix zabbix </usr/src/zabbix-3.2.4/database/mysql/images.sql
mysql -u zabbix --password=zabbix zabbix </usr/src/zabbix-3.2.4/database/mysql/data.sql

Zabbix設定

起動スクリプトをコピー

cp -a /usr/src/zabbix-3.2.4/misc/init.d/debian/zabbix-* /etc/init.d/

設定ファイル修正

vi /usr/local/etc/zabbix_server.conf 

# 次の項目を修正
DBPassword=zabbix
Timeout=30
ExternalScripts=/usr/local/share/zabbix/externalscripts
FpingLocation=/usr/bin/fping
Fping6Location=/usr/bin/fping6

起動スクリプトを修正(Server側)

vi /etc/init.d/zabbix-server

以下のコメント行を!/bin/shの直後に挿入
### BEGIN INIT INFO
# Provides: Zabbix daemon
# Required-Start: $local_fs $remote_fs $network $syslog $named
# Required-Stop: $local_fs $remote_fs $network $syslog $named
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# X-Interactive: true
# Short-Description: Start/stop Zabbix server daemon
### END INIT INFO

起動スクリプトを修正(Agent側)

vi /etc/init.d/zabbix-agent

以下のコメント行を!/bin/shの直後に挿入
### BEGIN INIT INFO
# Provides: zabbix-agent
# Required-Start: $local_fs $remote_fs
# Required-Stop: $local_fs $remote_fs
# Should-Start: $all
# Should-Stop: $all
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Short-Description: Start/stop Zabbix-agent
# Description: Start/stop Zabbix-agent
### END INIT INFO

自動起動するように設定

update-rc.d zabbix-agent defaults
update-rc.d zabbix-server defaults

Apache設定

フロントエンドのファイルをコピー

cp -arf /usr/src/zabbix-3.2.4/frontends/php/* /var/www/html/
chown -R www-data:www-data /var/www/html/*

不要ファイルを削除

rm /var/www/html/index.html

phpの設定

vi /etc/php5/apache2/php.ini

次の項目を修正
post_max_size = 32M
max_execution_time = 300
max_input_time = 300
date.timezone = Asia/Tokyo
always_populate_raw_post_data =-1

日本語フォントのインストール

apt-get install fonts-ipafont-gothic
cd /var/www/html/fonts
ln -s /usr/share/fonts/opentype/ipafont-gothic/ipagp.ttf ipagp.ttf

フォントの設定

vi /var/www/html/include/defines.inc.php

次の項目を修正。DejaVuSansをipagpに置き換える。
define('ZBX_GRAPH_FONT_NAME',           'ipagp'); // font file name

ロケールの設定

localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP

サービス起動

service zabbix-server start
service zabbix-agent start
service apache2 start

Zabbixの初期設定

ブラウザからRaspberry PiのIPアドレスを開いてください。次の画面が表示されるので「Next step」をクリックします。

設定が確認チェックされます。すべてOKなら「Next step」をクリックします。

Mysqlの接続情報を以下の通り入力して「Next step」をクリックします。

Database Type : Mysql

Database hose : localhost

Database port : 0

Database name : zabbix

User : zabbix

Password : zabbix

次の画面は何もせず「Next step」をクリックします。

「Next step」をクリックします。

「Finish」をクリックします。

ログイン画面が表示されます。以下のアカウントでログインしてください。

Username : admin

Password : zabbix

ログインしたら「Administration」→「Users」を開き、「Admin」をクリックします。

Languageの設定を「Japanese(ja_JP)」に変更し、画面一番したの「更新」をクリックします。

更新したら「User updated」と表示されます。

ここでブラウザをReload(F5キーを押す)するか、ログインしなおすと日本語表示になります。これで設定は完了です。

PAGE TOP