Raspberry Pi 3 に Roundcube をインストール

Raspberry Pi 3 に Roundcube をインストールします。
Roundcubeはオープンソースのwebメールソフトです。お好きなメールアカウントを登録すれば、外出先から端末を問わずメールの送受信ができます。メールの送受信データが端末に残らないため、BYOD的な使い方で活用できると思います。

動作環境

ハードウェア:Raspberry Pi 3
OS:RASPBIAN JESSIE LITE
Apacheのバージョン:2.4
PHPのバージョン:7.1
MySQLのバージョン:5.5
Roundcubeのバージョン:1.2.4

用意するもの

  • microSDカード Class10で、4GB以上のもの

事前準備

OSイメージを用意します。
Raspbian Jessie Lite のOSイメージファイルを入手する

microSDカードに上記のOSイメージを書き込みます。
microSDカードにOSイメージを書き込む方法

Raspberry PiのIPアドレスは固定にします。当ページでは192.168.10.124に設定します。
Raspberry Pi 3 でIPアドレスを固定にする方法

パッケージの準備

ユーザーをrootに切り替え

sudo su

リポジトリを追加

nano /etc/apt/sources.list

以下の行を一番下に追加
deb http://repozytorium.mati75.eu/raspbian jessie-backports main contrib non-free

リポジトリ用のキーを設定

gpg --keyserver pgpkeys.mit.edu --recv-key CCD91D6111A06851
gpg --armor --export CCD91D6111A06851 | sudo apt-key add -

パッケージリストをアップデート

apt-get update

インストール済のソフトウェアをアップデート

apt-get -y upgrade

Apacheのインストール

apt-get -y install apache2

不要ファイルを削除

rm /var/www/html/index.html

自己証明書の作成

make-ssl-cert generate-default-snakeoil

SSLを有効にする

a2enmod ssl
a2ensite default-ssl

PHPのインストール

apt-get -y install php7.1 php7.1-xml php7.1-mbstring php7.1-intl php7.1-ldap

php.iniの設定

nano /etc/php/7.1/apache2/php.ini

下記をコメントアウトして修正
;date.timezone =
↓
date.timezone = Asia/Tokyo

MySQLのインストール

apt-get -y install mysql-server php7.1-mysql

インストール中、mysqlのrootパスワードを設定する画面が表示されます。「roundcubemail」と入力した後、エンターキーを押してください。

もう1度「roundcubemail」と入力した後、エンターキーを押してください。

MySQLにログインします

mysql -uroot -proundcubemail

空のデータベースを作成します。

CREATE DATABASE roundcubemail;
CREATE USER 'roundcube'@'localhost' IDENTIFIED BY 'roundcubemail';
GRANT ALL PRIVILEGES ON roundcubemail.* TO roundcube@localhost IDENTIFIED BY 'roundcubemail';
quit

Roundcubeのインストール

cd /var/www/html
rm -R *
wget https://github.com/roundcube/roundcubemail/releases/download/1.2.4/roundcubemail-1.2.4-complete.tar.gz
tar xzf roundcubemail-1.2.4-complete.tar.gz
mv roundcubemail-1.2.4/* .
rm -rf roundcubemail-1.2.4 roundcubemail-1.2.4-complete.tar.gz
chown -R www-data:www-data /var/www/html
chmod -R 775 /var/www/html/logs
chmod -R 775 /var/www/html/temp

ここで再起動します

reboot

インストーラ

ブラウザから http://192.168.10.124/installer を開くと Roundcube Webmail Installer が表示されます。

「1.Check environment」では設定のチェックを行います。OKでない項目がある場合、これまでの手順を再度確認してください。
「Checking available databases」の欄については、1つ目のMySQLがOKになっていることを確認してください。

チェックが問題がなければ「NEXT」をクリックします。

「2.Create config」に移ります。
ここではRoundcubeの各種設定を行います。メールサーバへの接続設定はここで行います。

Database Setup は以下のとおり入力してください。

  • Database server: localhost
  • Database name: roundcubemail
  • Database user name: roundcube
  • Database password: roundcubemail
  • IMAP Settings にはメール受信に必要なIMAPサーバの情報を入力します。

  • default_host: ssl://blog.smallserver.jp → IMAPサーバ名
  • default_port: 993 → IMAPサーバと通信するためのポート番号
  • username_domain: shanai-se.net → IMAPサーバのドメイン名
  • SMTP Settings にはメール送信に必要なSMTPサーバの情報を入力します。

  • smtp_server: ssl://blog.smallserver.jp → SMTPサーバ名
  • smtp_port: 465 → SMTPサーバと通信するためのポート番号
  • smtp_user/smtp_pass: smtpのユーザー名とパスワード
  • 一番下にある「CREATE CONFIG」をクリックします。

    「3.Test config」に移ります。
    ここではIMAP/SMTPサーバへの接続テストを行います。

    Test SMTP config ではメール送信のテストが行えます。下記を入力して「Send test mail」をクリックしてください。

  • Sender: 送信元のメールアドレス(前の画面で入力したSMTPのアカウント情報)
  • Recipient: 送信先のメールアドレス(どのアドレスでもOK)
  • Test IMAP config ではメール受信のテストが行えます。下記を入力して「Check login」をクリックしてください。

  • Server: ssl://blog.smallserver.jp
  • Username: testmail@shanai-se.net
  • Password: 上記アカウントのパスワード
  • http://192.168.10.124 を開くとログイン画面が表示されます。下記を入力してログインしてください。

  • ユーザー名:testmail@shanai-se.net
  • パスワード:上記アカウントのパスワード
  • 無事にメールの画面が表示されました。

    インストールが完了したらinstallerフォルダを削除してください。

    rm -R /var/www/html/installer
    
    PAGE TOP