microSDカードにOSイメージを書き込む方法

RaspberryPi、BananaPi、OrangePiなどのシングルボードコンピュータではmicroSDカードからOSを起動するため、それぞれの機種に合うOSイメージをインターネットから入手し、書き込んでおく必要があります。
ここではWindowsフリーソフト 「 Win32 Disk Imager 」 を利用してOSイメージを書き込む方法をご紹介します。

必要なもの

  • microSDカード
  • PC
  • カードリーダー

Win32 Disk Imager のインストール

インストール済なら飛ばしてください。

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/ を開いて、Downloadのボタンをクリックしてください。

しばらくするとファイルを保存するダイアログが表示されます。任意の場所に保存してください。

win32diskimager-1.0.0-install.exe を実行してインストールします。

イメージを書き込む

microSDカードをカードリーダーにセットします。

Win32 Disk Imager を起動します。

青いフォルダのアイコンをクリックして書き込みたいイメージファイルを選択し、DeviceのプルダウンからmicroSDのドライブを選択します。

Writeをクリックします。「Are you sure want to continue ?」と聞かれるのでOKをクリックするとイメージファイルがSDカードに書き込まれます。

Write Successfulと表示されたら書き込み完了です。

うまく書き込めない場合

うまく書き込めない場合はSDカードを初期化してみてください。
Raspberry Pi 用のSDカードを初期化する方法

PAGE TOP